自家焙煎珈琲 豆や珈楽

兵庫県姫路市にあるコーヒー専門店から、全国各地に「おいしいコーヒー」をお届けします!

美味しいコーヒーの淹れ方

美味しいコーヒーの淹れ方

HOME >  豆知識  > 美味しいコーヒーの淹れ方

これであなたもコーヒー名人!

美味しいコーヒーの淹れ方

  • ペーパーをミシン目のところで折り曲げ、ドリッパー(金枠)にセット

    STEP 1

    ペーパーをミシン目のところで折り曲げ、
    ドリッパーにセットします。

    写真は『円すいフィルター』を使用しています。
    しっかりペーパーを折り曲げることで、ドリッパーにセットするとき、キレイにハマります。

  • コーヒーの粉をドリッパーに入れ、スプーンなどで真ん中にくぼみをつけます。

    STEP 2

    中挽き一杯立てで『12g~15g』を目安にしてください。
    サーバーに120ml~160mlお好みで落とします。

    スプーンなどで真ん中に「小指第一関節」程度の大きさのくぼみをつけることで、中までしっかりと「蒸らし」を行うことができ、抽出不足を防ぐことができます。

【 ポイント①】

二杯立て以降は、「7~10g」程度を杯数に応じて足していきます。

杯数が多くなればなるほど、お湯と粉の接触する『時間』と『量』が増える為、

入ったコーヒーが濃くなっていきます。

杯数が多くなるほど、少しずつ足すコーヒーのグラムも少なくしていくのがコツです。

  • お湯をできるだけゆっくりかけます。

    STEP 3

    一投目は「蒸らし」を行います。
    細口のポットにお湯を入れ、そっと乗せる感じでいれましょう。

    注ぐ量の目安は、サーバーにコーヒーが「少し落ちる程度のお湯の量」で全体を蒸らすようしてください。

    蒸らしの時間は、20秒~30秒。それまで、しばらく待ちます。

【 ポイント② 】

コーヒーの味に影響を与える「大きな要因」の一つに、

“お湯の温度”があります。

80℃~90℃の間でしたら、おいしく点てられます。

店内でお出しする際は、豆の状態や豆の生産国などによって、

この温度の内で調整します。

  • お湯が粉全体に行き渡ったらやめます。

    STEP 4

    蒸らしが終わったら、二投目です。
    中心から、同じく「の」の字を描くようにゆっくり、丁寧にお湯を注ぎましょう。
    周辺部分にかからない程度で、また戻します。

  • 人数分出たらストップです。

    STEP 5

    お湯がペーパーから落ちきる前に、三投目を行います。
    落ちきると苦くなります。
    抽出量にくるまで四投目、五投目と繰り返し続けましょう。

  • 人数分出たらストップです。

    STEP 5

    お湯は最後まで落としきると嫌な渋みや苦味が入ります。
    抽出量まで入ったら、ペーパーの中にお湯が入っていてもかまいませんので、別の容器で受けて、ドリッパーを外してください。

このページの先頭へ